dombri-dev.diary

ぺーぺークラウドインフラエンジニアの奮闘記。

Kubernetes the Hard Way on Azure : 1,2. 事前準備

こんにちは。

この数日間は「Kubernetes the Hard Way on Azure をやってみた」シリーズを記していきます。
github.com


Hard Way を始めたきっかけ

実は、来月下旬にAKS祭りで登壇をさせていただくことになり。

頂いた時間、KubernetesAKS の理解が浅いまま話すなんて申し訳なさすぎる・・・
まだ話す内容も決めてないし・・・まずい、まずいぞ・・・

という焦りから、Kubernetes the Hard Way の存在を思い出しまして。
github.com

GCP で構築しているけど、これを Azure でやったら KubernetesAKS の理解が深まるのでは・・・?と思いつき。
呟いたら、何と Azure 版の Hard Way があることを教えてくださり(いつもありがとうございます@iganari_ さん)

これはやるしかない!巨人の肩に乗るぞ!と。今に至ります。

目的

  • Kubernetesコンポーネント、リソースをより深く理解する
    • Control Plane
    • Worker Node
    • Network
    • Certification
  • Azure 上で構築することで、AKSの構成・仕組みの理解を深める
  • とっつきやすくする
    • K8s the Hard Way on Azure の簡易日本語版を記す
    • 図解する
  • プレゼン内容のヒントを得る

前提条件

操作端末 :Mac OS
構築環境 :Microsoft Azure
      ※無料枠・インスタンス数に制限あり、3ノード冗長構成を2ノードに読みかえ
ターミナル:iTerm2 / zsh / homebrew

1. 事前準備

丸く囲ったところが関連部分です。

f:id:dombri:20200209101340j:plain

1. AzureCLI のインストール

Azure CLI のインストール | Microsoft Docs

2. リソースグループの作成(Kubernetes

az group create -n kubernetes -l eastus2


3. tmux のインストール

複数のインスタンスに同時にコマンドを実行するのに便利。
https://github.com/tmux/tmux/wiki

①tmux.gz をダウンロード 参照

②以下を実行

tar -zxf tmux-*.tar.gz
cd tmux-*/
./configure
make && sudo make install


4. クライアントツールのインストール

# CFSSL
brew install cfssl

# kubectl
curl -o kubectl https://storage.googleapis.com/kubernetes-release/release/v1.15.0/bin/darwin/amd64/kubectl
chmod +x kubectl
sudo mv kubectl /usr/local/bin/

# バージョン確認
kubectl version --short
Client Version: v1.15.5


次は 3. に続きます。