dombri-dev.diary

ぺーぺークラウドインフラエンジニアの奮闘記。

Kubernetes the Hard Way on Azure : 7. etcd

こんにちは。
引き続き、Kubernetes the Hard Way on Azure を進めていきます。

7. Bootstrapping the etcd Cluster

Kubernetesコンポーネントはステートレスであり、クラスタの状態をetcd に保存します。このラボでは、2ノード etcd クラスタをブートストラップし、高可用性と安全なリモートアクセスを実現します。

f:id:dombri:20200211160216j:plain

本日はこの辺り。Kubernetesの要の一つ、etcdの登場です。あなたがいないと何も始まらない・覚えられない。

Prerequisites

ここからのコマンドは、各コントローラインスタンス内で実行します。az コマンドでそれぞれのコントローラインスタンスのIPを取得し、SSHログインしてください。

# IPを取得
CONTROLLER="controller-0"
PUBLIC_IP_ADDRESS=$(az network public-ip show -g kubernetes \
  -n ${CONTROLLER}-pip --query "ipAddress" -otsv)

# ログイン
ssh kuberoot@${PUBLIC_IP_ADDRESS}


Bootstrapping an etcd Cluster Member

Download and Install the etcd Binaries

Etcd-io / etcd GitHubプロジェクトからetcdの公式リリースバイナリをダウンロードします。

wget -q --show-progress --https-only --timestamping \
  "https://github.com/etcd-io/etcd/releases/download/v3.3.13/etcd-v3.3.13-linux-amd64.tar.gz"

etcdサーバetcdctl コマンドラインユーティリティを抽出してインストールします。

{
  tar -xvf etcd-v3.3.13-linux-amd64.tar.gz
  sudo mv etcd-v3.3.13-linux-amd64/etcd* /usr/local/bin/
}

Configure the etcd Server

{
  sudo mkdir -p /etc/etcd /var/lib/etcd
  sudo cp ca.pem kubernetes-key.pem kubernetes.pem /etc/etcd/
}

インスタンスの内部IPアドレスは、クライアント要求を処理し、etcdクラスタ ピアと通信するために使用されます。現在のコンピューティング インスタンスの内部IPアドレスを取得します。

INTERNAL_IP=$(ip addr show eth0 | grep -oP '(?<=inet\s)\d+(\.\d+){3}')

各etcdメンバーは、etcdクラスタ内で一意の名前を持っている必要があります。 etcd名を現在のコンピューティングインスタンスのホスト名と一致するように設定します。

ETCD_NAME=$(hostname -s)

systemdユニットファイル [etcd.service] を作成します。

cat > etcd.service <<EOF
[Unit]
Description=etcd
Documentation=https://github.com/coreos

[Service]
ExecStart=/usr/local/bin/etcd \\
  --name ${ETCD_NAME} \\
  --cert-file=/etc/etcd/kubernetes.pem \\
  --key-file=/etc/etcd/kubernetes-key.pem \\
  --peer-cert-file=/etc/etcd/kubernetes.pem \\
  --peer-key-file=/etc/etcd/kubernetes-key.pem \\
  --trusted-ca-file=/etc/etcd/ca.pem \\
  --peer-trusted-ca-file=/etc/etcd/ca.pem \\
  --peer-client-cert-auth \\
  --client-cert-auth \\
  --initial-advertise-peer-urls https://${INTERNAL_IP}:2380 \\
  --listen-peer-urls https://${INTERNAL_IP}:2380 \\
  --listen-client-urls https://${INTERNAL_IP}:2379,http://127.0.0.1:2379 \\
  --advertise-client-urls https://${INTERNAL_IP}:2379 \\
  --initial-cluster-token etcd-cluster-0 \\
  --initial-cluster controller-0=https://10.240.0.10:2380,controller-1=https://10.240.0.11:2380 \\
  --initial-cluster-state new \\
  --data-dir=/var/lib/etcd
Restart=on-failure
RestartSec=5

[Install]
WantedBy=multi-user.target
EOF

Start the etcd Server

sudo mv etcd.service /etc/systemd/system/

{
  sudo systemctl daemon-reload
  sudo systemctl enable etcd
  sudo systemctl start etcd
}

※ここまでを2台のコントローラインスタンスで繰り返す

Verification

etcdクラスターメンバーを一覧表示します。

sudo ETCDCTL_API=3 etcdctl member list \
  --endpoints=https://${INTERNAL_IP}:2379 \
  --cacert=/etc/etcd/ca.pem \
  --cert=/etc/etcd/kubernetes.pem \
  --key=/etc/etcd/kubernetes-key.pem

# 出力内容
3a57933972cb5131, started, controller-2, https://10.240.0.12:2380,
f98dc20bce6225a0, started, controller-0, https://10.240.0.10:2380, https://10.240.0.10:2379
ffed16798470cab5, started, controller-1, https://10.240.0.11:2380, https://10.240.0.11:2379

<- controller-2 が中途半端に見えるのが気になる・・・

8.に続きます。